自分で自宅でもできるワキガ治療法について

ワキガ治療が目的で千葉中央美容形成クリニックを利用しました。
【アドバイス】
そこで担当の先生に受けたアドバイスについてですが、まずは食事療法でした。食事療法は自宅でも意識次第で可能なのでその点は大きなメリットだとお思います。
基本的に動物性脂質や香辛料などの刺激物はワキガの原因であるアポクリン腺を刺激し、ワキガの臭いを促してしまうので控えた方がいいです。動物性脂質を多く含む食べ物としては、ハンバーガーやポテトなどのファーストフード、カップラーメンなどいかにも身体に悪そうなものです。香辛料を多く含む食べ物としては、カレーやキムチ、激辛ラーメンなどです。前者はもともと身体に悪いイメージがあるのでわかりやすいですが、後者のキムチやカレーは決して身体に直接悪い影響を与えるものではないのでワキガを気にしている方は注意が必要です。
【食事療法以外に自分でできることは】
食事療法についてあれこれ述べましたが、それ以外にも自分でできることはあります。それは運動です。前項で述べたアポクリン腺から出てくるものには身体に溜まった老廃物もあるそうです。なので身体のターンサイクルが遅くなる20代後半からは特に新陳代謝を自ら促す習慣が必要になってくると先生から聞きました。
【クリニックを訪れたあと】
それからはまず自分でできることはしっかりやってみて、それでも改善が見られないならまたクリニックを訪れるつもりです。まずは1、2ヶ月様子を見ようと思っています。